自然災害への備えは、家づくりから!

GORIHOUSE QUALITY

今回は、みかわ工務店が採用している「スーパーウォールの自然災害への対応力」について紹介!

モノコック構造

スーパーウォール工法は、壁・床・天井が一体化した箱形を構成するモノコック構造です。航空機や自動車ボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持っています。

地震や台風などの外力を受けた時、住宅の接合部などに外力が集中しにくく、建物全体に力が分散するため、ひずみ・くるいに対して強さを発揮します。

壁倍率4.3

住宅の耐震性能を高めるためには、耐力壁をバランスよく配置することが重要です。

高性能スーパーウォールパネルは、高耐力の構造用パーティクルボードと断熱材を一体化し、壁倍率4.3倍を実現しています。

って言われても・・・

そもそも、「壁倍率って何よ?」ってなるよねw

「壁倍率」とは、「壁の強さです」

200㎏の力で5㎝ズレる壁があったとします(この壁を壁倍率1と設定)。壁倍率5倍の壁とは、壁倍率1の壁と同じように5㎝のズレが発生するためには、5倍の力(200㎏×5倍=1000㎏)が必要になるということです。

外力に対する壁の強さが大きいということです。

スーパーウォール工法では、壁倍率4.3倍のパネルと壁倍率2.5倍のパネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置できます。

スーパーウォール工法のモノコック構造と壁倍率により、壁耐力試験でも壁の強さを発揮しています。

破壊個所はこのようになっています

ズレの違いも実感できますね!

リクシルより、スーパーウォール工法で建築されたオーナー様が実感した災害レポートも紹介されています。驚きの効果です!

みかわ工務店では、スーパーウォール工法を採用し、お客様に安心安全を提供いたします。


「みかわ工務店公式ホームページ」では、家づくりに関する情報を発信しています。

新築をお考えの方は、ご覧いただき、家づくりの知識力アップにお役立てください。

【みかわ工務店ホームページ】
↓↓↓ こちらをクリック ↓↓↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BYD%E3%83%BCS.png
タイトルとURLをコピーしました